家を売る方法とは | 住宅ローンによる競売の流れを知る|依頼する業者探し

住宅ローンによる競売の流れを知る|依頼する業者探し

不動産

家を売る方法とは

内容を知っておくといい

ホーム

住宅のローンを返済しにくくなった時に任意売却と競売という方法で家を売ることができます。こうすることによって抵当権を解除する事ができ、家を売って手に入れた金額を借金の返済に当てる事ができるようになるのです。任意売却は不動産に売却する方法ですが、ここでは競売の流れを紹介します。競売は自身の家を売りに出し競売人によって落札されるという仕組みで、オークション形式で行うのです。入札金額の多い人が落札する事ができるという流れになります。競売人が高い金額を付ければそれだけ高額で売る事ができるため、借入金の残高を大きく減らす事が可能なのです。ちなみに競売をするためには申し立てをしないといけないので覚えておきましょう。

強制執行までの順序

強制執行まで進むことですべての工程を終わらす事ができます。強制執行に行くまでにはまず、競売の申立をして競売を開始することになるのです。ここで差し押さえになり競売開始決定という流れになります。執行官が現地調査に出向くことになって、物件の調査を行うのです。そしてその物件を評価して物件明細書を作ります。売却基準価格を決定する事になり売却実施広告が新聞などに掲載されるのです。これは周囲に事情を知られることになるので理解しておきましょう。そして入札が開始される事になります。一番高い金額をつけた人が落札をして所有権は落札者に移るのです。そして引渡命令と強制執行という流れになっています。こうなると以前の所有者は家に入れなくなるのです。