住宅ローンによる競売の流れを知る|依頼する業者探し

不動産

強制退去とならないために

女性と家の模型

金融機関から住宅ローンを借りた際には、住宅に抵当権が設定されています。もし住宅ローンの返済を滞納してしまうと、設定された抵当権が行使されることになります。抵当権が行使されると競売手続きが開始されることになり、強制的に自宅から退去しなければならなくなってしまいます。住宅ローンの返済に困っている場合には、早期に住宅ローン問題を解消する必要があります。ではいつまでに住宅ローン問題を解消すればいいのでしょうか。競売手続きは、住宅ローンの滞納直後から開始されるわけではありません。競売手続きを開始する前に、督促状や催促状が金融機関より送られてきます。まだ競売手続きが開始されたわけではありませんが、競売手続きに着々と進んでいるため注意が必要です。

督促状や催促状が送付された後の流れは、期限の利益喪失へと続きます。期限の利益喪失とは、分割払いが不可能になったということです。一括で住宅ローンを返済する必要になるため、期限の利益喪失前に、住宅ローン問題を解消することが重要です。期限の利益喪失後の次の流れは、債権者が金融機関より保証会社に移ります。この段階になると競売手続きの開始まで目前となっており、早急な対応が必要です。債権者が保証会社になった後で一括で住宅ローンを返済できなければ、競売手続きが開始されます。これ以降の流れの中では、競売申し立てを債務者側で取り下げることはできません。また、自宅を自由に処分することもできません。競売手続きが着々と進むことを見守ることしかできなくなります。住宅ローン問題を解消するためには、競売手続きの流れを理解し、早期に対応することが重要です。