住宅ローンによる競売の流れを知る|依頼する業者探し

不動産

ローンが払えない時の対策

市場価格の半額で売られる

男性と家の模型

住宅ローンの支払が困難になった時には、競売の流れを知っておく必要があります。競売の流れを知っておくことで対策がとれるからです。銀行は住宅ローンの融資をする時には不動産を担保にします。ですからローンの支払いを滞納すると担保を差し押さえにかかります。差し押さえた不動産は裁判所によって競売にかけられます。なぜ競売にかけるかというと、融資した資金を回収するためです。競売物件というのは早く売却するために市場価格の5割から7割ぐらい安い値段になります。ですから競売で売却しても不足分の借金が残るのです。このような流れを知っておけば、ローンの支払いが難しくなった時に有効な対策をとることができるのです。それは任意売却という方法です。

任意売却という方法の利点

ローンの支配らが困難になったら、滞納する前に弁護士に相談して任意売却の手続きをしてもらうのです。この工夫をするかしないかによって、その後の人生が大きく変わってきます。任意売却というのは自分から不動産を売りに出すことなので、一般の売却と同じです。市場価格に沿った値段で売買されるので競売より高く売れるのです。もしかしたら市場価格よりも高く売れる可能性もあります。そうなればローンの残債を返しても手元にお金が残すこともできます。また任意売却は工夫次第で家に住み続けることもできます。それは親兄弟や親戚に買い取ってもらうのです。そしてローンを支払いながら了解の元で家に住まわせてもらうのです。競売までの流れを把握しておけば、このような対策をとることができるのです。